カトリック教会について

教会見学時の注意点Q&A

Q:服装に関して気を付けなければいけない点はありますか?
A:服装に関しては自由です。
  但し特にミサに参加される方は、
   夏場において肌が露出した服や、極端に短いスカートや半ズボンなどは注意が必要です。
   カーディガンなどがあれば大丈夫ですし、いずれにしても常識の範囲内で。

Q:教会内部を見ることは出来ますか?
A:誰でも見ることが出来るように常に開放している教会が多いようです。
  新上五島町内の教会では、基本的には全て開放してあります。
      但し ごく稀にですが、閉まっている時があります。
  どうしても特定の時間に見学したい時は、事前に各教会に確認することをお勧めします。

Q:写真撮影はできますか?
A:教会内の撮影は出来ません。
  外観の撮影についてはまったく問題ありません。

  
Q:信者ではありませんが、ミサ(礼拝)に参加しても大丈夫ですか?
A:大体日曜日の早朝にミサが行われていますので、信者の方にそっと一声掛けて見て下さい。
   丁寧に案内して頂けると思います。 立つ時、座る時など周りの信者さんに合わせて下さい。
  但し、ミサの最後に行われる聖体拝領(白いパンを信者の方が受け取る儀式)は宗教行為ですので
   信者の方以外は参加することが出来ません。
  
Q:教会で心が癒されました。何かお礼をしたいのですが?
A:教会には献金箱というものがあって、訪問された方からの感謝の気持ちを受け取る箱があります。
  ここにそのお気持ちを入れられてどうでしょうか。
  

【頭ヶ島天主堂】見学をご希望の場合は、事前連絡をお願いします。
                 長崎の教会群インフォメーションセンター
                 〒850-0862 長崎県長崎市出島町1-1-205(出島ワーフ2F) 
                          TEL:095-823-7650 FAX:095-895-9690

 http://kyoukaigun.jp/reserve/list.php




※これだけは守って頂きたいこと
 ●内陣(祭壇)の所は神聖な場所です。絶対に立ち入らないようにしましょう。
   内陣(祭壇)へは一般の信者さんでも上がることができません。
 ●ミサ(礼拝)は神聖な儀式です。写真撮影は止めましょう。
 ●教会内での飲食や、タバコの喫煙は禁止です。
 ●大声で騒いだり走り回るのもマナー違反です。
  特にお子様をお連れの場合は、同伴者が気を配って見学するようにしましょう。
 ●教会内にはいろいろな物(祭礼品、装飾物など)があります。むやみに手を触れないようにしましょう。
  椅子の前に、聖書などが置かれている事がありますが、これらは私物ですので手を触れないで下さい。

 
 最後に・・
  教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場であって観光施設ではありません。
  観光を目的として訪問される際には教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
  

教会について

両側の壁に「十字架の道行」(みちゆき)の14場面が飾られています。
キリストのご受難と復活の黙想をするためです。

入口には水の入っている器があり、司祭の祈りで聖別された「聖水」が入っています。教会に入るとき、手の先を聖水に浸して「十字架のしるし」を切る習慣があります。これは、神から心を清めて頂きたいという気持ちを表すためです。

ミサの由来は、キリストの最後の晩餐、イエスが死を迎えようとしたときにさかのぼります。
そのとき、十字架の死を覚悟しておられたイエスは、食事の途中、パンとぶどう酒を杯を取り、弟子に与えて、こう言われました。
「これは、あなた方のために渡される私の体である。
これは、私の血である。わたしの記念としてこれを行いなさい。」
そのとき以来、教会はキリストが命じたとおりに最後の晩餐の式を繰り返してきました。

参考資料:
 ながさきの教会を訪ねて  発行:(社)長崎県観光連盟
 はじめて教会へいらしたあなたに−カトリック教会の案内  発行者:アルド・チプリアニ

教会のマナーを示した公式HPはこちらです
http://tabinaga.jp/column/011.php
http://www.city.goto.nagasaki.jp/pc/sekaiisan/manner/index.html

作成:2016年04月13日