日島周辺

石塔群
石塔群

日島石塔群のうち、曲遺跡は砂礫が海流によって運ばれ形成されたトンボロという砂礫に営まれた中世から現代に及ぶ墓地である。日島は古来から大陸と本州、九州とを結ぶ交通の要地で朝鮮半島との貿易の拠点でもあった。烽火によって異国船の来島を知らせる監視所が置かれていたという説があり「火ノ島」が「日島」に転じたものと考えられている。

日島の鹿

日島には野生の鹿がたくさんいます。でも民家近くの鹿は野生でも人には馴れています。
餌をねだって車の中を覗き込む母鹿とお乳を飲んでる小鹿の親子です。

若松島にもいますが、日島の鹿のように人前に出てくるのはありません。
大平教会を廻っている途中でりっぱな角を持った鹿に2回遭遇しました。

漁生浦島と有福島をつなぐ堰堤
有福島と日島をつなぐ堰堤

漁生浦島と有福島を結ぶ堰堤

有福島と日島を結ぶ堰堤

若松島から漁生浦島へは橋で渡りますが
漁生浦島から先は橋はありません。

更新:2005年06月01日

日島の親子の鹿